マーキュリー中途採用サイト MERCURY MID-CAREER RECRUIT

対談

マーキュリーの成長を語る現場対談

  1. TOP
  2. クロストーク
  3. SV×販売対談

マーキュリーの成長を語る現場対談

早崎 直史 ×長澤 翔太

事業推進本部 事業推進部 営業1課×事業推進本部 事業推進部 営業2課

【事業推進本部】
業務委託に特化し、クライアントの要望を全面的にサポートしている部署。店舗立ち上げから運営に至るまでの全てを手掛けている

成長を実感できる場所。刺激をもらえる瞬間が、ここにはたくさんある。

早崎:長澤さんから見て、マーキュリーってどんな会社ですか?私は中途1年目なので、意見を聞いてみたいなと思いまして。

長澤:シンプルに「いろいろな人と関わりを持てる」会社だと思います。現場ではいろんな方と接する機会があるし、クライアントとの関係性づくりにおいても多くの方と関わりがあります。社内でも先輩後輩それぞれの考え方や感じ方、経験値などが良い意味で異なるため、その多様性を経験できることも、私自身は良さだとも思っていますね。

早崎:私もそれにはすごく共感しますね。今は「特販部隊」として全国各地を飛び回って仕事をしているわけですが、各現場で多くの人と関わって、またそれぞれの意見や考え方がそこで学べる。自分には無い感じ方や新しい発見がいつもあって、自身の成長にすごく繋がりますね!あと、マーキュリーは若い人がすごく多いですよね。常にフレッシュな気持ちで働ける環境なのでは、と思っています。

長澤:同時に若い者には負けないぞっていう気持ちも私はありますね。私自身4年目なので世間の年齢的にはまだまだ若者側ではありますけど、マーキュリーでは中堅ですから。あとは、現場で働くことの良さの話にもなるんですけど、お客様の心に入っていくような接客ができた瞬間、あの瞬間は本当にやりがいを感じますね。テンプレートで繰り返しの仕事だと思われているかもしれないですが、本当に様々なお客様がいらっしゃるので、話の流れや興味を持っていただけるポイントって全然違うじゃないですか。失敗もたくさんしましたが、経験すればするほど、その精度も上がっていく。全部現場だからこそ経験できたことですし、自分自身の成長を実感しながら前に進めるのはすごく良いことだなと思うんですよね。

早崎:現場でしか味わえないものはたくさんありますよね。お客様と直接やり取りができるのは現場だけだし、対人のコミュニケーション力もそう。結果的に、今後のキャリアにも生きるであろうスキルを学べる機会が多いのは重要ですよね。

使命とモチベーションの多様性。

早崎:私が現在所属している「特販部隊」の部署は、仕事への使命感が強いと思います。毎週のイベントでの結果をシビアに見られますし、イベントは一発勝負。しかも地域や環境が変わるので、そこに集まるお客様のテンションや属性も毎回異なるんですよ。限られた条件の中でいかに結果を出すかを求められる。そこにどれだけ燃えられるか、というか。店舗での働き方とはまた違った特徴がありますよね。

長澤:正直、かなり大変そうだなという印象を持っています。その瞬間での結果で見られる=◯か×かじゃないですか?

早崎:結果のみが見られるっていうのは、正直私も得意ではないです(笑)でもなんだろう、そういった明確な目標というか、場の目的がはっきりしているからこそモチベーションは作りやすいのかもしれません。と同時に、達成も明確なので、達成感を感じやすい。もちろん苦しい時もありますけど、でもどんな仕事にも困難と壁は付きものですし、それを乗り越えられた時が一番気持ちいいし、成長を実感できるじゃないですか。

長澤:めちゃくちゃ共感すると同時に、タフですね早崎さん(笑)

早崎:いやいや、そんなことないですよ(笑)長澤さんはどういったモチベーションでそれだけのエネルギッシュさを持続しているんですか?

「長澤のためにやる!」という店舗を作ること。

長澤:私の場合は、現場のメンバーを管理しながら働いている身として、一つだけ「これができたらすごいかっこいいな!」というものがあって…。それは「長澤のためにやる!」っていう店舗を作ること、これが目標です。ただ、実は一回それで挫折をしているんです。そればかりを意識してしまって「アンチ長澤、右向け右。」になってしまったんです。そういう自分を慕ってくれる人もいたんですが、結果的に失敗してしまいました。ただ、諦めていません。その失敗を糧に、どうやったら実現できるのかを常に考えていて。一つには「歩み寄り」が足りていないことに気付きました。自分のベストを追求しようとするだけではなく、一人一人の中にあるベスト像を意識すること。周りのモチベーションと自分のモチベーション。それが一緒に上がる瞬間を常に作れれば、最高の環境になると思うんですよね。まだまだ未熟ですけど、前のめりに挑戦したい、私のモチベーションの源です。

早崎:かっこいいですね!そういった使命感や信念もってやるのって大切ですよね。私も共感します、店舗とまではいかないですが(笑)仕事って、自分のファンを周りに増やすことで、楽しく気持ちよくできるものだと考えていまして。社員や現場スタッフとの信頼や連携って、なにはともあれ率先して結果を出すことで生まれるじゃないですか。その上でどう共感してもらえるかだと思うんですね。私の場合は全国を回るので、全国に「早崎のファン」をつくりたいと思っています。長澤さんの目標と同じく、決して簡単にはできないことですし、高いスキルとコミュニケーション力が求められる。実は私、普段は人見知りなんですけど、そういう考え方で仕事をすると「今ここで話しかけないと!」と意識が向くので、いくらでも接客ができる。

長澤:目指すもののために、自分が今どう在らなければならないのか、って働き方にすごく影響しますよね。

早崎:長澤さんとはまだ同じ現場で一緒にお仕事をしたことはないですけど、考え方に共感できる部分がすごく多くてファンになりました(笑)長澤さんの店舗でイベントをやる機会があれば、ぜひ一緒に取り組みたいです。

長澤:私もです、絶対に呼びますね!

APPLY

応募する