マーキュリー中途採用サイト MERCURY MID-CAREER RECRUIT

対談

現場で働く営業本部 先輩後輩対談

  1. TOP
  2. クロストーク
  3. 先輩×後輩対談

現場で働く営業本部 先輩後輩対談

星野 紀哉 × 濱中 彩美

東日本営業本部 セールスサポート部 セールスサポート2課 × 東日本営業本部 営業3部 営業1課

【セールスサポート部】
店舗ラウンド業務をメインとして、社員の声や要望をヒアリングし、社内コミュニケーションの活性化を図る。現場の社員をサポートし、働きやすい環境づくりを目指す部署

【営業本部】
携帯電話をはじめとした通信機器等の販売促進において、企画立案から現場での販売までワンストップでのソリューションの提供や、豊富な実績を活かしたコンサルティングでクライアント様の課題解決を行う部署

人生初体験から始まった、私の接客業務。

星野:濱中さんは新卒1年目ですよね。現場でのお仕事はもう慣れました?楽しいですか?

濱中:はい!楽しいです。私が所属している店舗は、マーキュリーの社員のみで人員構成されているので、困ったことがあれば相談しやすいですし、チームの結束が強いのではないかなと思います。まだまだ失敗することも多く、先輩に迷惑をかけてしまうことがありますが、お客様から感謝の言葉を直接いただけることがやっぱり嬉しくて頑張れるモチベーションになりますね!

星野:それは素晴らしい!私もつい先日まで現場で働いていましたけど、お客様から感謝の言葉がいただけるのが、やはり一番のやりがいでしたね。

濱中:特に年配のお客様には分かりづらいサービスのご紹介やお手続きについて、「分かりやすかった。ありがとう。」と言っていただけたり、また会いに来ていただけたりすると嬉しいですね。

星野:すごく良い表情で話してくれるね。それだけでも伝わってくるものがあるよ(笑)濱中さんは、この仕事に就く前にも接客業の経験はあったの?

濱中:いいえ、実はマーキュリーでの接客業が人生で初めてです。すごく人見知りで、アルバイトは人前に立たないものを選んでいたくらいで…。入社後の最初のロープレ研修では「いらっしゃいませ」の後に続く言葉が全く出てこず。そんなレベルからスタートしたんです。

星野:そうなんだ。この会話での雰囲気やさっきのエピソードからは想像もつかないね(笑)

濱中:本当ですか、ありがとうございます!最初の頃は失敗も多く「このままではダメだ」と思い、先輩の接客を後ろで聞かせていただいたり、細かくフィードバックをお願いしたりと一生懸命改善に取り組みました。あの頃に比べると今はミスの数が減りましたし、自然と楽しく接客できている時間が増えてきた実感があります。

頼ってばかりの自分から、頼られる自分へ。

星野:私も最初の頃は本当に失敗ばかりでした(笑)初めての現場は携帯電話とその周辺機器・サービスの販売業務だったんですよ。接客に慣れていない状況の中で、今までの自分に全く縁のなかった機器やサービスの仕組みの話を、お客様にご説明しなければならない。知識の部分でかなり苦戦をしましたし、接客時も質問がくることを怖がっていましたね。「答えられない質問がきたら、どうしよう…。」と。

濱中:星野さんにもそのような時期があったんですね。なんだか、すごく親近感が湧きました(笑)

星野:そうなんです。濱中さんと同じように、先輩から日々アドバイスをいただいたり、あと私が勤務した店舗には同期が10人程いて、お互いに助け合えたりしたのは大きかったですね。今振り返ればあの頃は人を頼ってばかりいましたけど、昨年12月にセールスサポート部という内勤ポジションへの異動があり、今度は「頼られる側」として成長していかなければ、という状況に変わったのは、少し感慨深いですね(笑)

濱中:ちなみに接客が上達するコツがあれば教えて欲しいです…!

星野:コツですか、なんだろう。おそらく一番は、積極的にお客様とお話しして、自分自身の基礎力を上げていくことかなと思います。もちろん接客のノウハウはマニュアルとして存在しているものがありますけど、結局お客様一人ひとりとお話してみると、マニュアル通りいかないことの方が多いじゃないですか。年齢や性別、情報リテラシーの違いで、言葉遣いや伝え方が変わってくる。とするとやはり、この仕事は本当に経験値や場数が、そのまま力になっていくのかなと思っていますね。

濱中:やはり経験に勝るものなし、なんですね。ありがとうございます!励みます!

役割と目標。それぞれが思い描く道。

濱中:セールスサポート部になられて、これからどんな働き方を目指されるんですか?

星野:配属からまだ間もないので、まずはセールサポート業務を極めることですかね。内勤と言いつつも、現場一人ひとりに会いに行くので、「お話できてよかった。星野さんに相談すれば解決する。」と思ってもらえるような人になりたいですね。もちろんそれだけに留まらず、社内の様々な業務に挑戦をして、自分自身の成長の幅を広げていきたいと思います。濱中さんはどうですか?

濱中:私は、少し業務内容と離れるかもしれませんが、韓国の現場で活躍できる人材になりたいという目標があります。専門学校で韓国語を教わったことがきっかけで、韓国の文化に触れ、韓国が大好きになってしまったんです。なので、マーキュリーが今後韓国とのお仕事をする機会がある際、私を選んでもらえるように、言語資格の勉強等もしっかりやっていきたいと思っています。

星野:明確な目標があって素晴らしい!これは感覚値にはなりますけど、マーキュリーの中でもそういった想いや目標を掲げている人は、活躍しているイメージがありますね。セールスサポート部としては、濱中さんを始めとする社員皆さんの、仕事への想いを冷めさせないよう支えることができればと思います。どんどん頼ってください。これからもよろしくお願いします。

濱中:はい、私からもぜひ!ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

APPLY

応募する