マーキュリー中途採用サイト MERCURY MID-CAREER RECRUIT

インタビュー

仕事≒ゲーム。困難を乗り越えた先に価値がある。

  1. TOP
  2. インタビュー
  3. 八木 幸子

勤務年数3年目 / 中途採用

八木 幸子

人財戦略本部 採用部 部長

八木 幸子
仕事≒ゲーム。困難を乗り越えた先に価値がある。

仕事≒ゲーム。困難を乗り越えた先に価値がある。

仕事ってRPGゲームに近いものだと思っています。例えば、働いていると楽しいと感じたりしんどいと思ったり、逃げたい時も人それぞれあると思うんですけど、私はどちらかというと壁があると燃えるタイプなんですよ。
その壁をどうすれば越えられるか。自分自身の足りないスキルを補うことや、一人で対処できないものをチームでどう協力するか、どんなチーム構成がベストなのか。困難に対して、いかに解決できるか方法を考えて、アクションしてみる。壁を乗り越える回数が多ければ多いほど、色々な視点から物事を考えられるようになりますし、今まで持っていなかったアイテムを自身に装着できる感覚があります。この成長が、私にとっての仕事の醍醐味だと思いますし、仕事をする上で大切な考え方なのかなと考えています。
ただ、私自身の考え方ややり方、価値観はあれど、それを他の社員に求めすぎたり、押し付けないようにしたりと気をつけています。そのバランスは、チームで働く以上、すごく重要ですよね。

採用戦略は経営戦略。裁量の大きさがやりがいを生む。

採用戦略は経営戦略。裁量の大きさがやりがいを生む。

私のミッションは、会社とのコミットメントを達成すること。これに尽きますね。現在は、採用目標人数の達成です。入社当初は、社員教育部門に所属していたのですが、2018年の10月から採用部門に異動しました。
今、マーキュリーは急速に成長をしている最中です。これからのマーキュリーに必要な人をもっと集めなければなりません。そんな会社にとって重要な時期だからこそ、そこに携わりたいと思ったんです。ただ、前職を含めても採用活動に専任したことはなかったので、私にとっては新しい挑戦です。現在は、これまでにない高い目標を掲げ、プロジェクトを進めているので、会社に結果を残せるよう、とても燃えています。
とは言っても、まだまだ分からないことだらけなので、人から何か情報を頂いたら、すぐにそれを実践してみることを心懸けています。と同時に、私が分かることは周りにできる限り共有していこうと思っています。そうやってお互いに足りないものを補い合いながら、皆で目標達成を目指したいです。

座右の銘:継続は力なり

昔から飽き性で、同じことをやり続けることが苦手なタイプなんです。だからこそ、継続をすることの難しさや、そこから得られるものの大きさにすごく価値を感じるんですよね。自分自身への戒めも込めて、この言葉を大切にしています。
最近は仕事だけでなく、自己管理や健康面にも意識を向け始めていて、フィットネスクラブに定期的に通っていて、今でちょうど1年半くらい経ちましたかね。自分自身の健康寿命を意識しようと始めたことでしたが、体力がついたことで、結果的に仕事のパフォーマンス向上に繋がっているのかなと感じています。そういった習慣化や、継続性を持たせる工夫をすることによって、飽き性な自分と新しく挑戦したい自分のバランスをとっています。
あとは、仕事でもプライベートでも、結局すべてが自分自身の糧となって、能力の向上や成長につながっていくものであるとも考えています。そういった自分自身との向き合い方を考える時間が、私はとても多いかもしれないですね。

これからのマーキュリーに、今足りないもの。

これからのマーキュリーに、今足りないもの。

先ほど挙げたように、マーキュリーは今、会社規模もどんどん拡大しており、社員数も急増中です。「感動エージェント」として、社会により多くの価値を提供できるような会社になっていこうとしています。だからこそ、まだまだ改善すべき課題もたくさんあります。私の役割としては、それらを「人の採用」の面から解決しなくてはなりません。
現在、会社全体を通して年齢層の若い人が非常に多く、勢いがある反面、ビジネススキルにおいてはまだまだ伸び代がある状態です。また、そんな勢いのある若手の力を最大限に活かせるマネジメント領域の人材はもっと必要です。チームマーキュリーとしての組織力が上がることが、同時に社会に提供できる価値の向上に直結していると考えているので、それに対して私が持ち得る経験や知識は全力で還元していきたいと思います。そして会社への貢献と同時に、私自身ももっと成長して、マーキュリーとともに、新しい景色をつくっていきたいです。

APPLY

応募する