マーキュリー中途採用サイト MERCURY MID-CAREER RECRUIT

インタビュー

とことん「接客」を追求した結果に今がある。

  1. TOP
  2. インタビュー
  3. 頼母木 裕太

勤務年数3年目 / 新卒採用

頼母木 裕太

東日本営業本部営業3部営業1課

頼母木 裕太
とことん「接客」を追求した結果に今がある

とことん「接客」を追求した結果に今がある

現在3年目で店舗責任者として、商材の商談や業務委託先との折衷、売上や在庫の管理をしています。マネジメント業務のみでなく自分自身、他スタッフと同じ販売業務をしながら管理業務も兼ねるため、幅広い業務を経験させてもらっています。3年目で店舗責任者というのは珍しいケースなのですが、1年目で配属された店舗でがむしゃらに結果にこだわってきた結果だと思っています。
我々の業務は接客を通してお客様のニーズを汲み取り、商品を購入してもらう営業職です。当時から「接客」への追及は自分でも熱心だった方だと思います。中でも、お客様のヒアリングには力をいれていましたね。自分から発信や訴求をし続けるのではなく、お客さんの声にひとつずつ返していく。そうすることで対話が成立するので、一方的な営業ではなくお客様との関係性の構築にもつながります。
他にも、先輩にロープレをしてもらったり、多店舗の接客を受けて、どのような接客法が自分に向いているのか研究をしたりと、とにかくお客様に商品を購入してもらうための工夫を凝らしました。

社員教育で導いていく店舗の未来

社員教育で導いていく店舗の未来

店舗責任者としての業務の幅は広いため、自分で行う業務と部下に任せる業務の振り分けのバランスが店舗運営の上で大事になってきます。業務を自分で巻き取ってしまうと、部下や後輩の成長機会の損失つながりますし、店舗社員への業務の比重が傾きすぎても組織としての団結力が欠如してしまいます。まだまだ模索中ではありますが、現在はできる限り店舗社員への教育に注力して、店舗運営に努めています。
例えば、指示をするにしても具体的な指示をあえてしない。など心掛けていますね。
具体的な指示をしてしまうと本人がその通りに動いてしまうためスタッフ想像力を損ねてしまいます。
「どうだった?」「どう思った?」など本人に考えさせるような質問を投げかけて、その回答に対してのフィードバックを繰り返しています。私のミッションは店舗売上の達成なので、店舗のチームワークを最大化していきたいと考えています。

座右の銘:百聞は一見にしかず。

仕事にも影響している部分はあるのですが、とにかく何でも身をもって経験してみることを大事にしていますね。マーキュリーは様々な業務や現場を通して人と関われる環境です。その中でどんな仕事にも、それぞれのやりがいがあります。その都度やりがいを見つけて臨機応変にベストを追求していくことが重要だと思います。

貪欲に「展開」にこだわっていきたい

貪欲に「展開」にこだわっていきたい

今の店舗がオープンして1年経っていないので、まずは売上をどんどん向上させ、黒字を安定させることが目先の目標です。
次のフェーズとして、安定させて店舗の運営メソッドを別店舗でも展開していきたいですね。そのような流れでどんどん店舗を拡大していきたいと考えています。いずれは複数の店舗のエリアをまとめる責任者のようなポジションに就けたら嬉しいですね。

APPLY

応募する